読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスチャットSync(シンク) 公式ブログ | Wantedly

無料で使えるビジネスチャットSyncの使い方や、仕事術・コミュニケーションに関する記事などを紹介します。

【ビジネスチャットSync事例紹介】グローバル展開する人材派遣企業に聞く、チャットツールの活用方法とは?【エンジニアネットワーク株式会社 武内 和樹 様 杉野真奈美様 大田優磨様】

「エンジニアに誠実であること」をビジョンに掲げ、プラントエンジニアリング業界に特化した派遣ビジネスを展開している、エンジニアネットワーク株式会社さま。昭和54年の会社設立以来、クライアントの要求レベルや技術ニーズを的確に判断し、最適な人材派遣を行ってきました。

今回お話を伺ったのは、シニアマネージャーの武内和樹さま、企画チームの杉野真奈美さま、大田優磨さま。革新的な人材確保の採用メソッドを確立するため、チーム一丸となって日々、働かれています。皆様に、具体的なチャットツールSyncの活用方法について伺いました。

f:id:wantedly-dojo:20160729182546j:plain

メールが抱えていた、リアリティの欠如

ー早速ですが、Syncを導入されたきっかけは、なんだったのでしょうか。

武内:一番の理由は、既存のコミュニケーションツールに不満を感じていたことです。これまでは社内社外共に、連絡手段はずっとメールと電話が主でした。しかし、外出先でのモバイル端末を使ってのメール作業は正直面倒で、誤送信のリスクもありました。優先度がタイトルだけでは判断しきれず、重要なメールが埋もれることがあり、見つけることだけでも一苦労でした。

メールでありがちな丁寧な文章づくりが、時間のロス以前に状況のリアリティさを失わせ、そのニュアンスが伝わりにくくなる、というデメリットも感じていました。このような理由から、そろそろチャットツールに切り替えるべきだと感じていました。

ーそこで、なぜ他のチャットツールではなく、Syncを選ばれたのでしょうか。

武内:まず、LINEやFacebookのメッセンジャー機能は公私混同をしがちだったので避けました。他のチャットツールは、無料で使える範囲が限られていて、不便だと感じていました。そんな折に、Syncのリリースについて、Wantedlyの広報ブログ等で拝見いたしまして、すぐに導入を決めました。以前から採用でWantedlyを利用していたこともあり、導入に踏み切ることに迷いはありませんでした。

f:id:wantedly-dojo:20160729182616j:plain

無料にも関わらず、デザイン面、機能面ともに圧倒的に優秀なツール

ー実際に使われてみて、気に入っている点などはありますか。

武内:UIがシンプルかつスマートな点です。海外のチャットツールは、デザインがカッコイイものが多いですが、日本語UIでは類を見ないカッコよさです。もちろんデザインだけでなく、プライベートユースの同類ツールとは、しっかりと差別化されていて、スタンプなど余計な機能が入っていないところも気に入っています。

ー機能面ではどうでしょうか。

武内:機能面では、プレビュー機能が大いに役立っています。外出先でも瞬時に資料の内容が確認でき、オフィスに戻らなくても仕事を完結させることができています。また、検索機能の精度も高く、探していたワードが確実にヒットし、スピード感を持って仕事ができています。

杉野:私は、メッセージの削除機能が便利だと感じています。ビジネス上の会話なので、言葉を慎重に選んでいるつもりですが、間違ったニュアンスで伝わってしまうかも、と送信後に感じた際に、すぐに差し替えできるのはとても便利です。

大田:会話履歴を簡単に見ることができる点ですね。自分は途中から企画チームのグループにジョインしたのですが、これまでの二人のやりとりをチャットの履歴で確認できました。これがメールだと、そう簡単にはいかないですし、もっとイントロダクションの時間を余計に取っていたかもしれません。Syncならではの利点ですね。

f:id:wantedly-dojo:20160729182718j:plain

Syncのおかげで実現した、コミュニケーションの迅速化

ーSyncを導入して以降、仕事のスピード感などは変わりましたか。

武内:仕事を処理するスピードが格段に向上しました。普段からプライベート向けのチャットツールを使っているので、外出先でも抵抗感なく使えています。また、挨拶と返事だけを繰り返すEメールの開封にウンザリしていたのですが、報告や相談もその場で簡潔に行うことができています。Syncの導入でスマートに仕事ができるようになりました。

ー具体的に解決した課題などはありますか。

武内:我々のビジネスステージである派遣先のスタッフとのコミュニケーションです。派遣している企業によっては、コンプライアンス遵守の問題から、情報漏えいやウイルス対策、私用メール禁止など、メールの内容をシステム管理者などが検閲している場合があります。すると、どうしても派遣先スタッフとのコミュニケーション速度が遅くなります。Syncを導入してもらったところ、これまでとは異なり、スムーズにアポ入れや業務連絡や、情報収集ができるようになりました。

f:id:wantedly-dojo:20160729182744j:plain

イベントでも使い勝手の良いチャットツール

ーそのほか、独自の使い方をされていたら教えてください。

武内:先日、人材確保をテーマにしたアイデアソンイベントを行った際に、参加者とSync上でコミュニケーションをとりました。イベント前の連絡やスタッフ紹介、イベント当日は質疑応答やプレゼン資料の配信などに利用しました。また、アイデアソンは考案時間が長いので煮詰まらないよう要所要所でリフレッシュを兼ね、Syncを使った「早押しクイズ」を取り入れてみました。20人ほどの参加者が、一斉に回答しても処理スピードが落ちることなく使うことができました。

ー最後に、今後Syncをどのように使っていきたいか、教えてください。

武内:もっと採用に絡ませて使っていきたいです。社内だけでなく企業や求職者など、周りを巻き込んだネットワークづくりに役立てたいと考えています。メールよりも気軽に、それぞれの距離感をぐっと縮めて、仕事と人を結びつけるビジネスがもっと加速出来るような感じで使えたらベストですね。

f:id:wantedly-dojo:20160729182806j:plain

早くからSyncを導入していただき、イベントでミニゲームの回答に利用するなど、独自の使い方までされているエンジニアネットワーク株式会社さま。今後、社外とのコミュニケーションもより取りやすくできるよう、Syncもさらなる進化を遂げていきます!

Syncをご利用していただき、インタビューに答えていただける団体を募集しています。お申し込みはこちら!
sync-enterprise.wantedly.com