読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスチャットSync(シンク) 公式ブログ | Wantedly

無料で使えるビジネスチャットSyncの使い方や、仕事術・コミュニケーションに関する記事などを紹介します。

【ビジネスチャットSync事例紹介】 社内の情報共有が一気に容易に/ 株式会社リゾーム 須貝智裕様 海老沼優様

情報を活用したマーケティングとマネジメントによって、企業の課題解決を支援する株式会社リゾームさま。システム導入、コンサルティングから教育まで、幅広く事業を展開しています。今回は、教育事業部でマネージャーを務める須貝智裕(すがい ともひろ)さまと海老沼優(えびぬま ゆう)さまに、Syncをどのように活用しているのか聞きました。

株式会社リゾームとは

―御社は、どのような事業を展開されているのでしょうか?

須貝:システム事業部と教育事業部という二つの事業を展開しています。システム事業部の方はいわゆるシステム開発がメイン、教育事業部の方はITを使った教育サービスなどを行っています。私たちは教育事業部の方になりまして、主に他社の新入社員向けに研修をやっています。

講座内容はJavaのプログラムがメインですが、少しずつJava以外の分野にも手を広げている段階ですね。お陰さまで、新人研修のプログラムや毎月開催している講座も、毎月受講生をお預かりしている状態がずっと続いています。ITの教育会社はまだ珍しいので、システムと教育の両方をできているのは強みかなと思っています。

f:id:wantedly-dojo:20160912112652j:plain

Syncは資料のやり取りに関して一番優れていたツール

―現在、Syncは主にどういった機会で使われていますか?

須貝:主に事業部内での資料共有や連絡で使っています。

―Syncを知ったきっかけは何ですか?

須貝:採用のためにWantedlyに登録していて、Wantedlyの社員さんから聞いたのが初めてですね。それまでは主にSkype、事業部内ではLINEやGoogle Hangoutを使っていました。

―Syncを導入する決め手となったのは何だったのでしょう?

須貝:試してみようと思った理由としては、資料のやり取りをするうえでSyncの機能が優れていたということが一番大きいかなと思います。プレビュー機能のおかげで、簡単に資料の確認ができるようになりました。

また、アカウントの開設が簡単な点も決めての一つです。外部の講師の方に仕事を依頼する際の障壁が低くなったと感じます。facebookのアカウントは今では大体の方が持っているものなので、頼みやすくなりました。

新しく入ってきた人への情報共有が容易に

―Syncを使う以前は、社内でどういった課題があったのでしょうか?

須貝:Skypeで新しく入ってきた人に資料や会話内容を共有できなかった点です。また、ネットワーク環境が遅いと、Excelのファイルの重さによってはダウンロードに時間がかかることも課題に感じていました。今では、Syncのおかげで、資料のやり取りをスムーズに行うことが可能になりました。情報の伝達速度も上がりましたね。

f:id:wantedly-dojo:20160912112702j:plain

―導入の際、手間やコストの面で問題はなかったでしょうか?

須貝:手間やコストにかかるデメリットと、導入後のメリットを考えた時、今後のことを考えると後者を優先すべきだと思いました。全く問題がなかったとは言えないかもしれません。ですが、それを超えて余りあるメリットがあると信じています。

今後Syncに欲しい機能

―では、Syncにあったらいいなと思う機能はありますか?

須貝:例えばスカウトなど、Wantedlyの採用管理機能の側ともっと連携させたらさらに使い勝手が上がると思いますね。あんなに素晴らしいシステムがあるのに、十分連動していないのは、もったいないと思います。実際に募集に対して応募があるとSyncと管理側を行き来することが何度かあって、その行き来がしづらかったりするので、別タブで開いたりできるといいですね。

海老沼:写真をまとめて送る機能が欲しいです。以前、次回の集合研修の場所を探していて、携帯で写真を撮って共有しようと思った時、せっかくなのでSyncで試してみようと思ったんです。画像の質が下がらないのはLINEよりいいと思ったのですが、一枚一枚送るのでちょっと時間がかかってしまったなという印象がありました。

f:id:wantedly-dojo:20160912112659j:plain

―最後に、Syncに興味を持っている方に向けてメッセージをお願い致します。

海老沼:私は学生のとき、バイト先の店長にアドレスとかLINEを教えるのは苦手なタイプだったので、仕事をプライベートと切り分けたい方はぜひ、使ってみるとよいと思います。

須貝:正直私は、Syncを最初に見たときは、よくあるチャットツールだなという所感でした。ですが、使っているうちにどんどん機能が増え使いやすくなってきて、ユーザーのことをしっかりと考えているツールなんだと、今では思っています。今後、採用の部分と組み合わせることができれば、使い方も機能もたくさん増える可能性もあるし、これからに期待が持てるツールです。

f:id:wantedly-dojo:20160912112704j:plain

まとめ

  • 資料共有が容易になり、情報共有がスムーズに
  • 導入の障壁が低い
  • 今後、Wantedlyの他のツールと組み合わせて使うことができそう

Syncの改善すべき点も交えながら、率直な意見をくださったリゾームの須貝さまと海老沼さま。その期待に応えられるよう、今後も改善を重ねていきたいと思います。

Syncをご利用していただき、インタビューに答えていただける団体を募集しています。お申し込みはこちら