読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスチャットSync(シンク) 公式ブログ | Wantedly

無料で使えるビジネスチャットSyncの使い方や、仕事術・コミュニケーションに関する記事などを紹介します。

【ビジネスチャットSync事例紹介】今後の伸びしろに大きく期待! 【株式会社ドリームキャリア 金島光伸 様 高橋弘 様】

導入事例インタビュー

理系に特化したキャリア支援や、SESの人材派遣、webシステム・デザインの受託開発など、幅広い業務を行っている株式会社ドリームキャリアさま。キャリア情報誌「理系ナビ」が有名な同社において、Syncはどのように利用されているのでしょうか。

お話を伺ったのは、ITソリューション事業部長の金島光伸さまと営業部長の高橋弘さまです。ITソリューション部では主に、webシステム・デザインの常駐開発や、受託開発を行っています。

f:id:wantedly-dojo:20160818114548j:plain 金島さま(写真左)と高橋さま(写真右)

無料なのに、無制限でグループの立ち上げが可能な点に惹かれた

-Syncを使う以前はどのようなチャットツールを使っていたのでしょうか。

高橋:チャットワークを使っていました。前職の時に、いろいろなチャットツールを事業部や企画ごとに使っていて、それを一つにまとめたいと思っていたのがきっかけです。グループの立ち上げや、ファイルの共有などがこれまで使っていたチャットツールの中でも使い易いと感じていたので、そのままドリームキャリアでも導入して使っていました。

f:id:wantedly-dojo:20160812142438j:plain

-なぜSyncに切り替えようと思ったのでしょうか。

高橋:無料で使うことのできる範囲が限られていたことが一番の理由です。グループを立ち上げることのできる数が限られていたので、このまま使い続けていると対応しきれなくなると思っていました。Syncは使い勝手がチャットワークとほぼ変わらないことに加え、無制限でのグループ立ち上げができることができたので、切り替えようと思いました。

金島:高橋が言ったことに加え、Wantedlyの社員の方が、直接使い方をデモンストレーションしてくれたことが大きいです。リアルの場でのサポートが充実していると、使う側としても安心して導入出来ます。

新しく人を誘うのが簡単で、参入障壁が低い

-実際にSyncを使ってみて、ここは魅力的だ、と思ったところはありますか。

金島:新しく人を招待する際のハードルが低いことです。Facebookと連携しているので、元から知り合いの人とSyncでやり取りを始める際の障壁はほとんどないですし、そうでない場合も登録自体がとても簡単です。新しいツールを始めてもらう時に大事なのは、どれだけ簡単に始めることができるかだと思っているので、Syncはその点が優れていると思います。

f:id:wantedly-dojo:20160812142359j:plain

高橋:反応速度の速さです。スマートフォンのアプリでも送ったメッセージがほとんどタイムラグ無く届くため、重要な案件の確認が遅くなってしまった、ということは無くなりました。PC上ではSyncを閉じていても、バックグラウンドで動いていてくれることも魅力的ですね。

金島:加えて、検索機能の精度の高さも魅力の一つだと思っています。LINEを使ってのメッセージのやりとりだと、昔の情報を探すのに何回もスクロールする必要があり、手間がかかっていました。検索の質が高いと自分の欲しい情報がすぐ手に入るので、助かります。あと、LINEだとプライベートとの垣根がないため、グループやメッセージが溢れてしまうというデメリットも感じていましたが、Syncだと必要最低限のグループとメッセージで済むため、管理が楽になったと感じています。

Syncを外部の方や他部署の人にも使ってもらって、より業務を効率化したい

-今後のSyncの使い方についての考えや、Syncに期待していることなどはありますか。

高橋:キャリア支援の事業部や、外注しているスタッフの方に積極的に取り入れていただき、やり取りをもっとスムーズにしたいです。例えば「理系ナビ」は記事を書くライターの方や、製本する業者の方など、社外の人を巻き込んで作っています。現在はメール、電話でのやり取りが主流ですが、メールでのやり取りですと、レスポンスが遅い時があったり、型にはまったような文章を毎回書かなければなりません。Syncを外注のスタッフに導入してもらえれば、そういった時間的ロスを減らすことができると思っています。

金島:Googleの各ツールとの統合がもっと進むことを期待しています。Googleのツールから離れるということは現状難しいと考えていますが、一方でGoogleのツールの管理や編集をSync上で一元化管理できるようになったら、本当にSyncしかビジネスツールを使わなくて済む日が来ると思っています。使うツールが1つに集まることに越したことはないですからね。Syncは他のチャットツールに比べ、お客さんの意見をすぐに反映してくれるイメージがあるため、期待しています。

f:id:wantedly-dojo:20160812142534j:plain

-最後に導入を検討している企業の方に向けて、メッセージをお願いします。

高橋:無料にも関わらず、ここまで制限なく多機能なチャットツールは他にはないと思うので、試しでもいいから使ってみて損はないと思います。特にアプリケーションが軽くて、サクサク動くので、その反応速度に驚くと思います。

金島:チャットツールにも関わらず、リアルの場での対応やアフターケアがしっかりしているので、初めてビジネスチャットツールを導入される企業さんも安心して使うことができると思います。まだ開発されたばかりのチャットツールなので、今後の伸びにも期待です。

f:id:wantedly-dojo:20160812142305j:plain

今後のSyncの伸びしろに大きな期待を寄せてくださったドリームキャリアさま。ご期待に応え、より多くの企業さまに使っていただけるよう、Syncはアップデートを続けて参ります!

Syncをご利用していただき、インタビューに答えていただける団体を募集しています。お申し込みはこちら! sync-enterprise.wantedly.com