読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスチャットSync(シンク) 公式ブログ | Wantedly

無料で使えるビジネスチャットSyncの使い方や、仕事術・コミュニケーションに関する記事などを紹介します。

【ビジネスチャット導入事例】メールやファイルの処理、整理に追われることがなくなった 株式会社イベント・レンジャーズ/松宮洋昌様,加治木里紗様 

表彰イベント・事例共有会・セミナー・シンポジウムの企画・運営から事務局代行まで、イベントに関するありあらゆることを行っている株式会社イベント・レンジャーズさま。企業の周年事業や社内向けのイベントを行う、「頑張るを応援する事業」シンポジウム、学会、展示会のセミナーの運営をサポートする「学ぶを応援する事業」東京五輪に向け、日本の食や地域の食材のPRをお手伝いする「日本を応援する事業」の3つを核に、事業を行っている同社。

f:id:wantedly-dojo:20160930134507j:plain

お話を伺ったのは、代表取締役の松宮洋昌(まつみや ひろまさ)さまとコンシェルジュとして、イベント参加者や企業様にアドバイスをしている加治木里紗(かじき りさ)さまです。

 大量のメールトラフィックと散漫するファイル

-Sync導入以前はどの様なコミュニケーション上の課題を抱えていましたか?

松宮:課題は大きく分けて2つ感じていました。1つ目はメールに関する課題。2つ目はファイルに関する課題です。

メールについては、トラフィックの多さ、外出中の社員とコミュニケーションの遅さ、資料添付の煩わしさを主に課題として感じていました

加治木:所属する部署では、担当するイベントによってメールアドレスを分けて使っているため、メールの管理が非常に大変です。常時、1人あたり3つ以上のアドレスを抱えており、どのメールアドレスに何のメールが流れているのか不明確でした。

松宮:外出中の社員と一緒にプロジェクトを進めている場合、現場の状況を素早く共有することが大切です。そのため、メールもなるべく早く返して欲しいのですが、メールは手軽さに欠け、スピードが遅くなりがちです。写真や資料の添付もメールだと容量によっては手間がかかることも多く、常々改善をしたいと考えていました。

加治木:ファイルに関しては、社内で共有するファイルが大量にあり、必要な時に欲しいデータをすぐに取り出すことができず、余計な時間を使っていました。イベント会社なので、文字によるコミュニケーションに加え画像や資料のやり取りも多いです。ただ、その資料の共有にも手間がかかっていました。1人の人がファイルを確認したら、別の人に改めてファイルを添付して送る方式を取っていたため、ファイルの共有速度がかなり遅かったです。

 google appsを導入するもうまくいかなかった

-そのような課題を抱える中、どのような対策を行ったのでしょうか。

松宮:ファイルを一つの場所にまとめて、かつ外出中も手軽に見ることができるようgoogle appsを導入しました。資料共有を始め、会議の議事録や社内報などをドライブにひとまとめで管理することができて、社内の生産性や時間の使い方も変わるだろうと思っていました。

ところが、実際に使い始めてみると、なかなか社内に浸透しませんでした。これまでメールでのやり取りに慣れていたせいで、結局資料の共有もメールのまま。複数のメンバーで抱える案件の進捗管理もメールで行われていたので、google appsを導入すれば状況が変わると思ったのですが、なかなかうまくいきませんでした。

-社内にうまく浸透しなかった理由はなんだったのでしょうか。

松宮:一番の原因は、google appsを導入する目的や使い方のルールが社内に浸透仕切っていなかったことです。導入の際に一度共有はしたのですが、結果的に使う社員と使わない社員分かれてしまいました。

それでも、使う社員はファイルをapps内に溜めていくので、何人かの社員がappsの許容容量を超えてしまったんです。appsを使っていた社員も再びメールで資料を共有するようになり、結局導入前と変わらなくなってしまいました。

メールのトラフィックを減らし、ファイルを管理できるツールとして新しい社内コミュニケーションツールを探し始めたことが、Syncを導入したきっかけです。

f:id:wantedly-dojo:20160930134501j:plain

 Syncのおかげで、気軽なコミュニケーションが素早く行える

-Sync導入後、メールやgoogle appsを使っていた時に感じていた課題は解決しましたか。

松宮:メールの数は確実に減りました。今までは、ちょっとした会話ですらメールで行っていたので、現場の気づきのメモや、写真だけのやり取りが気軽に行えるようになりました。

加治木:外回りの営業の方と一緒に仕事をしていると、メールがすぐに返事が返ってこないこともあり、仕事の進捗に影響が出ていたのですが、Syncを使うことにより現場社員とオフィスにいる社員のコミュニケーション速度が上がりました。情報共有の精度自体も変わったので、質の高いアウトプットも可能になったと思います。

松宮:メールのやり取りだけだと、ナレッジが社内に溜まらないので、一つのコミュニケーションツール上で全員が情報の共有と収集ができるのは助かります。google appsではメールとドライブが別の場所にあって、一括で検索することができなかったので。Syncはグループに途中から入ってもこれまでの会話履歴やファイルを見ることができるので、情報共有の速度も上がったと思います。

 部門間のコミュニケーションを活発にし、より多くのナレッジ共有を行いたい

-今後のSyncの使い方について、考えていることはありますか。

加治木:今までは、イベントごとにファイルを分けてその中に写真、資料、見積書など全部まとめていたのですが、これからはSync内でグループを細分化して作り、より管理の精度を上げたいです。Syncはグループを無制限で作ることができるので、試してみたいと思います。

お客さんとのやり取りで是非使いたいです。ドメインの違うアドレスをたくさん使う必要もなくなるため、やり取りをよりスムーズに行うことができるのではないかと思います。

松宮:部門間のコミュニケーションを促進して、もっと手軽に報・連・相を行える環境を作りたいです。イベントレンジャーズという名前も、メンバー1人1人のナレッジや知識を共有して、より良いチーム作りを行いたいという思いを込めてつけました。Syncで情報の伝達速度を速くして、さらに仕事の質を高めたいです。

f:id:wantedly-dojo:20160930134453j:plain

まとめ

  • 外回りの営業の方との連絡がスムーズになり、仕事の質が上がった

  • メールだとできなかった、ナレッジの蓄積ができるようになった

  • 大量にたまっていたメールのトラフィックを減らすことができた

イベント・レンジャーズさまのように、メールやファイルの管理にお困りの場合、Syncならあらゆる情報を一つのコミュニケーションツール内で一元管理が可能です。

「自分の人生の主人公は自分。死ななければ大丈夫!」 Wantedly採用担当、山本あずさの仕事術

「死ななければ、大丈夫」

Wantedlyで働くメンバーの仕事術や仕事に対するマインドをお伝えする「Wantedlyの仕事術」

f:id:wantedly-dojo:20160929175731j:plain

ラッキーセブンの第7回は採用担当、山本あずさです。Wantedlyの顔として活躍する彼女に、採用を行う立場にフォーカスした話を伺いました。

走りながら考えて、失敗したら修正する

-仕事の効率を上げたり、生産性を高めるために行っていることを教えてください。

効率を上げるという点では、1週間分の予定をまとめて立てて、毎日何をしたらいいか悩まないようにしています。余裕を持ってスケジュールを立てることで、差込の業務が入っても落ち着いて対応できるようになります。

生産性を上げるという点では、普段費やしている面談の時間を5分でも早く終えるように心がけています。面談を適当に終わらせるということではありません。全部の候補者に対して同じ説明をするのではなく、相手の理解度や求めているものを会話の中で読み取りながら進めていく。そうすることで、面談の総時間を減らしつつ、密度の濃い時間を作ることができます。毎回毎回思い通りになるわけではないですが、将来的には面談の時間を自分で完璧にコントロールして、常に余裕を持った対応ができるようになりたいですね。

-前職とは全く異なる業務をやられていますが、Wantedlyに入社した当初戸惑ったことはなんでしたか? また、それをどうやって乗り越えましたか?

正直言うと、全てのことに戸惑ったのですが、1番は仕事の進め方です。以前は、規模の大きい会社だったので、成果を上げるための道筋がある程度決まっていました。一方で、今は目標も動き方も全部自分で作っていく必要があります。何もないところに自分でレールを敷いていく作業です。はじめはどうすればいいのか全く分からず右往左往していました。ただ、悩んで立ち止まっていても仕方ないので、思いつくままに試すようにしました。そうすると、何をすると成果が出るのかがだんだんとわかってくる。走りながら考えて、失敗したら修正する。この繰り返しが、経験のない仕事にぶつかった時、それを乗り越える最短の方法なのではないかと思います。

採用は面談をする側も自分の言葉で話すことが大事

-あずささんは、Wantedly採用フローの入り口である面談の担当をされていますが、その時に気をつけていることはありますか?

面談を通して気をつけていることは、Wantedlyを好きになってもらうこと。Wantedlyの価値観や何をしているか伝えることも、候補者の話を汲み取ることも、全部「Wantedlyを好きになって欲しい」という目標を達成するためです。

Wantedlyのヴィジョンなどを伝える時に大事にしているのが、熱意を持って自分の言葉で伝えること。頭で理解できていても、それが借り物の言葉だなって相手に伝わってしまうと、相手の深くまで言葉が刺さりません。Wantedlyにはカルチャーブックという弊社の文化や価値観が記載された本があるのですが、採用担当になった当初はそれをとにかく読み込んで、わからないところは理解できるまで勉強していました。自分の中で腹落ちしていると、候補者の方によって伝え方を自由にアレンジできます。この人には、この側面を見せたらもっとWantedlyを好きになってもらえるかもと考えることが可能になる。そうやって、マッチング度を高めることが大切だと思っています。

f:id:wantedly-dojo:20160929175719j:plain

-採用の仕事で一番大事なのは、人との関係づくりだと思いますが、具体的に気をつけていることはありますか?

自分のキャラクターを大事にしています。自分の役割は相手をジャッジする立場ではなく、候補者と信頼関係を築いて、Wantedlyを好きになってもらうこと。入り口からいきなり堅いと、相手もなかなか自分のことをさらけ出せないと思うんです。だから、堅苦しい雰囲気になりすぎないよう、友人と話してるような雰囲気作りができたらいいなと思っています。「他の人には話せないけど、山本なら話してもいいかな」と思ってもらえると嬉しいですね。

自分の人生は自分が主人公

-こちらの記事のタイトルでも述べていますが、自分の人生に一生懸命になるためにはどうしたらいいと思いますか?

www.wantedly.com

もっと自分の人生を自分事化して考えてみるといいんじゃないかなと思います。他人のフィルターを通して自分の人生を見ている人が多い気がします。とはいえ、私自身も、もともとこのような考えあったわけではありません。社会人1年目の頃は、なぜやっているのかわからないことに疑問を持ちつつも、ただ「ダメなやつとは思われたくない」気持ちだけがすごいあって、がむしゃらに頑張ってました。それでも思い通りに動かせないことが多かったり、何も築きあげることができなかったりと落ち込むことの連続でした。でも、他人に自分がどう評価されているかだけを気にして頑張るのはとても疲れるし気分が荒んでいく、もっと自分の納得いくことなら頑張れるのかもしれない、とある日思ったんです。自分の人生なのに、自分が主人公になれていない。もっと自分の好きなことにフォーカスしてみよう。そう思い始めて、自分がワクワク働けるようなことを探してチャレンジして、気づいたら一生懸命に生きれるようになっていました。

もちろん、自分のやりたいことにフォーカスし始めたからといって、順風満帆な人生を歩めた訳ではりません。失敗も沢山したし、咎められることもありました。ただ面白いことに、そういった経験を繰り返すと、最終的に何をしても死ななければ大丈夫、という思考に行き着いたんです。人に迷惑をかけてしまうことを肯定しているわけではありません。責任は自分で負うべきだと思います。でも、失敗したことに対して必要以上に落ち込むことはないし、失敗を怖がってると自分が好きなことに出会う機会も逃してしまいます。はじめから成功する人なんていないし、「死ななければ大丈夫!」マインドを持っていれば、いつの間にか一生懸命になれているのではないかと思います。

- 例えば、家族とか会社での立場とか、すでに積み上げたものがある人がそれを崩さないで、自分の人生にもっと一生懸命になるためにはどうしたらいいと思いますか?

やっぱり守るものが増えると、若い時のように動き回ることは難しいのかなと思うので、仕事以外で一生懸命になれるものを探してみるのがいいんじゃないかと思います。一生懸命ってなりたくてなるっていうより、勝手になっていることが多いと思うので、本当になんでもいいと思います。そのためには、積み上げたものを壊さない程度に、自分の行動範囲を広げてみる。なんとなく避けてたものを趣味の範囲でやってみる。仕事以外にのめり込むものが見つかるだけでも、人生も仕事も、もっと楽しくすることができるのかなと私は思います。

f:id:wantedly-dojo:20160929175724j:plain

まとめ

  • やったことがないことにぶち当たっても、飛び込んで、失敗したら修正していくことが大切
  • 自分の言葉で話して、自分のキャラクターを大事にすることが、信頼関係を築くことに繋がる
  • 他人のフィルターを通して、自分の人生を見ない

「死ななければ、大丈夫」というマインドを意識して、自分の人生を生きやすくした山本あずさの仕事術。特に、若いうちはたくさん失敗して見ることが自分の仕事だと思うくらいでもいいのかもしれません。

かしこまった言葉で話すことも大事ですが、少しフランクくらいが社内、社外の信頼関係が築きやすくなるかも。メールでの社内のやり取りを変えて、もっとお互いの関係性をフランクにしたいと思ったなら、Syncを試してみてはいかがでしょうか。

【ビジネスチャット導入事例】「Syncのおかげでチームの帰属意識が高まった」 株式会社estコーポレーション/国越 文武様、福本 寛弥様、外薗 和馬様、渡邊 雅美様

SES(システムエンジニアリングサービス契約)を中心に、システム開発等を手がけるestコーポレーションさま。 今回は同社のシステム統括本部の国越 文武(くにこし ふみたけ)さま、福本 寛弥(ふくもと ひろや)さま、営業部の外薗 和馬(ほかぞの かずま)さま、管理部の渡邊 雅美(わたなべ まさみ)さまの4名にお話を伺いました。

f:id:wantedly-dojo:20160928165125j:plain

現在規模を拡大中のestコーポレーションさまでは、どのようにSyncを使っているのでしょうか。

あらゆる面で使いやすいチャットツール

ー どのような経緯でSyncを使われるようになったのでしょう?

国越:LINEでのコミュニケーションだと処理が追いつかなくなったことが一番の理由です。去年までは人数も少なかったので、LINEなどを使ったコミュニケーションで事足りていました。しかし、社員数が増えるに従って、情報の見落としや誰に向けての発言か混乱が起きたりといった問題が起きるようになったため、チャットツールの導入に至りました。他のツールも検討する中で、外薗がSyncを教えてくれたのですが、選んだ理由はいくつかあります。

一つ目はセキュリティ面、暗号化の信頼性が高いと判断したことと、ビジネスで使っていく上でしっかりプライベートと切り離して事故が起きないようにしたいと考えました。

二つ目はデザイン面、シンプルである事と可読性の高さを判断基準にしました。特にPCの表示で他のチャットツールよりも見やすいと思います。

三つ目は基本無料という点、無料のものとしては高機能だと思いますし、導入にも踏み込みやすいですね。

最後にメンション機能の使いやすさ。全体通知と個人宛の発言の切り分けがネックだったため、実はこれが一番重要視した機能で、Syncは優れていると判断しました。

f:id:wantedly-dojo:20160928165204j:plain

Syncがチームの帰属意識を作り出す

ーSyncは社内でどのように使われていますか?

国越:社内でのコミュニケーションツールとして使っています。今は社員ごとにシステム開発だったりサーバーネットワークの構築だったりと専門性が分かれています。コミュニケーションを密にとってお互いにフォローしていけるようにする事で、分野を横断しての仕事を可能にしています。

外薗:普段顔を合わす事が少ないため、チーム感・帰属意識みたいなものが薄れていってしまうのではという危惧もあったのですが、Syncはコミュニケーションツールとして「実際に会う変わりになっている」と思います

Tello連携によるタスク管理が使いやすい

ー 具体的に便利だと思った機能、あるいは欲しい機能などはありますか?

福本:やはりメンションの使いやすさというのは特筆すべきところだと思います。要望でいうと自分はタスク管理の機能が欲しいという話をしようと思っていたのですが、最近導入されたんですよね! まだちょっと使えていないのですが、嬉しい機能ですね。

(Trello連携の使い方:ブログURL:https://s.wantedly.com/2avCTvJ

添付ファイルの一覧を簡単に見ることができる点も挙げられます。過去のものも簡単に見つかるので。欲をいえばURLも同時に抽出してもらえるとさらに嬉しいです。現状もタイムライン上ではサムネイルも出してもらえてとても見やすいので、それが一覧で見られるようになればと思います。

渡邊:私は既読通知の機能が欲しいですね。私は管理部としての連絡もあるため相手が読んだかどうかも知ることができたら助かります。

機能とは少し違うのですが以前使い方で疑問があったときにWantedlyの方にSync上で直接教えていただけて、とても助かりました

f:id:wantedly-dojo:20160928165153j:plain

Wantedlyとの連携を積極的に使いたい

国越:Syncそのものの機能ではないのですが、Wantedlyの連携でつながりを増やしていけるのは良いと思います。目標としては今の倍の人数を当面の目標にしているため、これから活用していければと思います。

まとめ

  • 情報の見落とし、発言の責任の所在が明らかになった

  • Syncは対面コミュニケーションと同じ感度の会話ができる

  • Trello連携のおかげで、タスク管理もSync上で一元化して行える

今回のインタビュー、4名もの方に熱く協力していただきました。良いものを作りたい。社会に貢献したい。そんなestコーポレーションさまでは社員を絶賛募集中。新しく入られる方にもよりよく使っていただけるようにSyncも成長していきたいと思います。 法人向けサービスのリリースに伴い、セキュリティも強化。詳細はこちら

ミスコングランプリ受賞経験のビールの売り子さんにSyncを使ってもらった。

世の中の美女にWantedly発のビジネスチャットアプリSyncを使ってもらい、感想を聞く「美女Sync」

青学の美女から始まり、今回で第9回です。

ついにミスコンで優勝経験のある美女がインタビューに応じてくださいました!

f:id:wantedly-dojo:20160927170905j:plain

藤吉里奈さん
ミス日本女子体育大学2015グランプリ。全国の大学ミスコンのNo.1を決めるMiss of Missでファイナリストに選ばれた経験もある。 バイトは球場でビールの売り子さん。一回の試合で2キロ痩せるらしい。

ミスコンの舞台裏

-今日はありがとうございます。

宜しくお願いします。

-藤吉さんはミス日本女子体育大学2015グランプリということですが、ミスコンの舞台裏ってどんな感じなんですか?

私含め、皆さん緊張していたので凄い賑やかというわけではないですよ。私は楽屋でずっと緊張しているのが辛くて、お昼ご飯は購買で買ったパンを一人で屋上で食べてました(笑)

-そもそも何故ミスコンに出ようと思ったんですか?

実は、自分から応募したわけではなくて、友達に出てみればって言われてなんとなく応募したんです。挑戦したら面白いかもって思って。そしたらいつの間にか出場が決まっていました。

-それでグランプリを受賞されてるのはすごいです。

ありがとうございます!

f:id:wantedly-dojo:20160927170923j:plain

ビールの売り子は毎日が戦い

-アルバイトはビールの売り子をされているそうですが、上手にビールを売るコツはありますか?

まずお客さんの顔を覚えることです。自分のことを覚えてもらえて嫌な気分になる人はいないですから。あとは、お客さんが席に座って、落ちついたタイミングを見計らって声をかけることですね。一息ついて、「さぁビール飲むかぁ」って瞬間が狙い目ですね。

-ゾーンごとにビールの売り子さんがいるそうですが、だいたい何人くらいいるんでしょうか。

メーカーごとに複数人いて、私が担当しているメーカーは担当が4人います。

ーそうなると、お客さんの取り合いのようなことは起こらないのでしょうか。

起こりますね。特に、今担当している場所は売り子さんのレベルが皆さん高いので、毎日震えながら働いております…。でも、少しでも来ているお客様が楽しんでくださるように、笑顔での接客を心掛けてます!

-お客さんに声をかけられたり、連絡先を聞かれることも多いのでは?

ありがたいことに、かけていただくこともあります。今までは、ミスコン用のTwitterを探してもらっていたのですが、今度から聞かれた時はSyncで対応してみようかなと思います。

f:id:wantedly-dojo:20160927170919j:plain

職歴を見ることができるのは素敵!

-Syncを実際に使ってみて、実際どうでしたか?

一番いいなと思ったのが、顔写真からリンクで職歴を見ることができることです。LINEだと詳しいプロフィールを見ることができないじゃないですか。だから、連絡先を交換するにしても安心感が違います。

既読か未読かわからないのもいいですね。私は読んでからすぐに返事をするよりも、一度じっくり考えてから返事をしたいタイプなので、急かされてる感じがしなくていいです。

あと、写真やファイルを共有した日が確認出来る機能もLINEには無いものなので、いいなって思います。

f:id:wantedly-dojo:20160927170915j:plain

私の理想のチャットツール

-里奈さんが考える理想のチャットツールについて教えて下さい!

難しい質問ですね(笑) 私が使うなら3つ盛り込んでほしい要素があります。

1つ目は、みんなでビデオ通話できる機能です。声が届く時間帯がずれたりしないで、本当にその場にみんないるみたいな話すことができたらいいなって思います。

2つ目は、写真をまとめて選択できる機能です。沢山写真を送る時に、一枚づつタップしていくことがちょっと面倒に感じていたので、指でなぞるだけで複数枚の写真を一気に選べたら便利だなーって、ずっと思っていました。

3つ目は、録画時間の長い動画も送ることができる機能! 私、実は小学生の頃からずっとバレエをやっていて、大学ではジャズのダンスをやっているので、練習を録画した動画とかを同じチームのメンバー同士で贈り合いたいです。

エンジニアの皆さん、宜しくお願いします!

-だそうです。宜しくお願いします!

-それでは最後に一言お願いいたします。

ぜひ、野球観戦の際は、私、藤吉里奈を宜しくお願いします! 帽子に大きな花をつけてるのが目印です。美味しいビールを注がせていただきます! 

f:id:wantedly-dojo:20160927171604j:plain

-ありがとうございました!!

【ビジネスチャットSync事例紹介】「Syncを使って社員のモチベーションを上げることに成功しました」 株式会社Jクレスト/稲本真也様

バスの手配から、個人の旅行プランの立案まで、旅に関するあらゆることに精通している株式会社Jクレストさま。 今まで、ビジネス用のチャットツールを使ったことがなかった同社が、なぜSyncを使うことになったのか。

f:id:wantedly-dojo:20160926133638j:plain

お話をお伺いしたのは、採用から新入社員の教育を含め、社内環境の活性化を行っている、業務部の稲本真也(いなもと しんや)さまです

メールのコミュニケーションはすべて不便だった

-もともと、Jクレストさまではどのようなコミュニケーションツールを使っていたのでしょうか?

稲本:基本的にメールと電話ですね。ビジネス用のチャットツールは使ったことがなかったです。LINEは社員のほとんどが使っていたので、以前はビジネス上のやり取りをLINE上で行うこともありましたが、今は行っていないですね。プライベート用のツールでビジネスの会話をしたくなかったことが一番の理由です。休みの日まで仕事の会話を見たくないという思いがありました。

-メールでのコミュニケーションで不便だと思っていた点はありますか?

稲本:正直言うと、全部ですね(笑) 全員に送るメールの時でも、毎回宛先を一件一件入力していました。すると、どうしてもアドレスの抜け漏れが起こる時があり、全員に情報が伝達できていない時がある。

また、LINEでのやり取りに慣れていたので、外出中はメールを立ち上げることすら面倒に感じていました。ただ、LINEだとファイル容量が大きいものを送ることができないため、ビジネス用の会話をLINEで行っていた時も、ファイルの添付だけはメールということがありました。

自分と似た境遇の企業がSyncを使って悩みを解決していた

-そのような不満を抱えていた中で、ビジネスチャットツールとして、なぜSyncを選ばれたのでしょうか。

稲本:まず、社員全員がスマートフォンを使うようになり、これまでLINEを使っていなかった社員も使うようになったことが、ビジネスチャットツールを本格的に導入しようと思ったきっかけです。LINEの操作に慣れているのなら、他のチャットツールも使うことができるだろうと。

幾つかのチャットツールを検討している中で、Syncの導入事例も拝見しました。すると、自分の会社も掲載している会社と似たような状況にあると思ったんです。シンプルで直感的に使いやすそうな事に加え、無料で多くの機能を制限なく使うことができる。これは、試しに使ってみるしかないと思い導入しました。

実際に使ってみると思った通り使いやすく、そのまま全社的に使用することを決めました。

-特に使いやすいと感じる点はありますか?

稲本:他の企業さんもおっしゃっていましたが、シンプルなUIですね。ごちゃごちゃしていないので、ビジネスチャットツールに慣れていない人でも簡単に使うことができる。仕事で使うツールなので、シンプルすぎるくらいが丁度いいと思います。

f:id:wantedly-dojo:20160926133626j:plain

個人間のみの情報共有が、全体でできるようになった

-具体的にどのように使っていらっしゃるのでしょうか。

稲本:主な目的は情報共有です。例えば、旅先の目的地ごとにグループを作っています。そして、担当するスタッフが1日目と2日目で異なる場合、初日のスタッフが気づいたこと、感じたことをSync上に残します。それを参考に2日目のスタッフがお客様をご案内する。

また、数週間後に同じ場所へ訪れる予定がある時、これまでは先週担当したスタッフが誰なのかを探して、電話やメールで情報の共有を行っていました。しかし、この方法では手間がかかるだけでなく、情報のやりとりが個人間のみで終わってしまうという問題も。Sync導入後は、グループにいるメンバー全員が過去の会話を見るだけで情報を簡単に得ることができるので、仕事のスピードが格段に上がりましたね。

バスの運行状況の共有も行っています。各ポイントで一番最初に通過したバスの運転手が渋滞などの情報を流すようにしています。渋滞情報はインターネットで確認することができますが、実際どうなのかは走ってみないとわかりません。現場の情報をリアルタイムで共有できるようになったのはありがたいです。

社員のモチベーションアップにも使える

-社内全体のやり取りなどでも使われていますか?

稲本:社員のモチベーションアップに使っています。お客様からツアーや添乗員へのお褒めの言葉をいただくことがよくあるのですが、これまでは会社に頂いた後、個人やチームにそのことを共有することがありませんでした。今はSyncでお客様からのメッセージをシェアして、添乗員やスタッフのやる気を上げています。やっぱり、お客様からの喜びの声が、私たちにとっては一番嬉しいですからね。

他にも、仕事のレベルアップに繋がるような情報をお互いに共有して、社員全体の業務の質を上げるようにしています。

-今後はどのようにSyncを使ってきたいとお考えですか?

稲本:一緒に仕事をすることが多い、バス会社の方、旅先でのお店や施設の方とSyncを使ってやり取りをしたいと考えています。社外の方とは現在メールでのやり取りが主です。もしSyncでのやり取りができるようになれば、仕事の効率が上がるだけでなく、お互いの心の距離が近くなり、信頼がより深まると思っています。

メールの定型文は合理的に考えれば必要ないですし、他人行儀感があるのであまり好きではありません。しかし、LINEだとあまりにもフランクすぎる。Syncはその中間に位置するツールなので、礼儀を保ったまま距離を縮めることができるのに最適だと考えています。

-最後に、これからSyncの導入を考えている企業へメッセージをお願いします。

稲本:プライベート用のチャットツールをビジネスでも使っていて、それに不満を感じている方はすぐに使ってみることをオススメします。

また、大手の旅行会社さんなど、今後個人用タブレットを導入し、情報共有を早くしたいと考えている場合、Syncを使えばさらに早い情報伝達が可能になるのではと考えています。無料とは思えないほど使い勝手がいいので、一度試してみてはいかがでしょうか。

f:id:wantedly-dojo:20160926133623j:plain

まとめ

・ビジネス向けチャットのため、UIがシンプルで使いやすい ・個人間のみで行われていた情報の共有が、全体でできるようになった ・お客様からの声を共有することで、社員のモチベーションアップにつながった

社員のモチベーションを上げるツールとしてSyncを使うなど、単純な情報交換ツールの枠を超えてSyncを使っていただいてる、Jクレストさま。 社内のモチベーション管理に困っている企業の方は使ってみてはいかがでしょうか。

詳細はコチラ

アパレルショップでもSyncは使えるのか。外資系アパレルショップで働く美人にSyncを試してもらった

綺麗な女の子にSyncを使ってもらう「美女Sync」

好評につき、第8回目を迎えました!

今回、インタビューに答えてくれたのは、アパレルショップで働くまいさん。

f:id:wantedly-dojo:20160914180056j:plain

まいさん
外資系アパレルショップで働く。海が好き。 instagramのlikeが100を超えることもあるらしい

シェラトンホテルでランチ

ー今日はお願いします! 白金台からここに来るまで迷いませんでしたか?

間違えて日吉の方に行っちゃいました。

ー白金台とか普通来ないですもんね。

でもシェラトンホテルにはたまにいきますよ。

ーえ、なんでですか。

ランチを食べに。

-羨ましいです。僕もいつか食べに行きたいです。

お客さんにLINEは教えません

ーお仕事はアパレル関係ということですが、普段はどんなコミュニケーションツールを使っていますか?

基本LINEで、連絡を取り合ってます。画像とか、重要なファイルとかは社員で使ってるパソコンで見るんですけど、お店に立ってることが多いのであまり使わないですね。

ファイルとか、画像とかはメールを使って送らないといけないんですけど、結構面倒だなーって思ってます。でもセキュリティが厳しいんで、まぁしょうがないかな。

ーお客さんから「LINEのID教えて」とか聞かれたりしないんですか?

聞かれるけど、絶対に教えません。

-どんなに好みのタイプのイケメンがきても?

教えません。だって、知らない人にいきなり連絡先教えるって怖くないですか?

-おっしゃる通りです

f:id:wantedly-dojo:20160914183504j:plain

休みの日のLINEは「うわー」って気持ちになる

-えっと、気を取り直して… 早速、Syncを登録して、使って欲しいのですが、facebookで登録お願いできますか?

あ、facebookはちょっとゴメンなさい。

-あ、はい…. えっと、facebookじゃなくても登録できるんで、お願いします。(Syncはご自身のアドレスでもご登録いただけます)

できました〜

-ありがとうございます。さっき、セキュリティの関係でファイルとか画像を送る時にいちいちパソコンにログインしてメールするのが面倒とおっしゃてましたが、Syncならセキュリティ対策は万全です。

そうなんですね。仕事で使っているLINEグループでは文章だけのやり取りしかしてないんで、画像が送れるようになったら便利かも。

-しかも、画像の保存期間は無期限なんですよ。

それはいいかも。思い返すと、保存し忘れて後で見ようと思って見れないってことはたまにあるので。

-あと、アパレルで働かれていると、自分が休日の日に他の人が働いていることが普通だと思うのですが、休日にLINEを見て、仕事の通知があったりしないんですか?

あります! 休みの日なのに、仕事の話だー、うわーって気持ちになりますね。 でも、一応何かあるといけないので、目は通しますけど。

-Syncでやり取りをしていれば、休みの日にLINEにメッセージが飛んでくることは無くなりますが、どうでしょう。

それは嬉しいですけど、結局気になってSyncの方見ちゃうとおもいます(笑)

f:id:wantedly-dojo:20160914180101j:plain

ロゴマークがシュッとしてる

-今日実際Syncを使ってみて、率直な感想をお願いします。

色が青と白で爽やかだなって思いました。

私青が好きなので、カラーリングとかはこっちの方が好きかなぁ。

あと、ロゴマークがシュッとしててビジネス向けって感じがしますね(笑)

-シュッとしてる(笑) 機能も簡単に説明させてもらいましたが、どうでしょう。

@をつけて、相手を指定してメッセージを送る機能! これはいいですね!

結構LINEのグループに入ってる人数多いんで、返事返ってこないこととかあるんですよねー。それが減りそう。

f:id:wantedly-dojo:20160914180059j:plain

オフィスが映画に出てきそう

-全然話変わりますけど、WantedlyみたいなIT企業のオフィスに来たことってありますか?

ないです! めちゃくちゃお洒落ですよね。ここのオフィス。

ロビーとか、海外の高級ホテルの待ち合い室みたい。

あと、今の部屋とか、映画に出てきそう(笑) なんか、超偉い人が重要な話をする会議室って感じがします。

ここでしゃべってるとアパレル会社の社長になった気分。

-実は、オフィスのインテリアはCEOがかなり細かくディレクションしていて、家具とかも直接選んでるんですよ。

www.wantedly.com

すごい! 私の働く店舗ももっとお洒落になってほしいな。

-最後に、こんな機能あったら便利かもってありますか?

自分が設定した日にメッセージが届くのをブロックする機能があると、落ち着いて休日を楽しめるかも。

あとは、アルバム機能かなぁ。洋服の写真とかジャンルごとにまとめておきたいって思うので!

-ありがとうございました!

f:id:wantedly-dojo:20160914180105j:plain

ビジネス向けっぽいカラーリングをしたSync。 詳細はこちらから。

「自分から動けないなら、動かざるをえない環境を作っていこう」グローバルビジネスデベロッパー Wäntig Lisaの仕事術

「何かを変えたいと思ったら、ちょっとでも良いし、失敗しても良いから、まず動いてみること」

Wantedlyで働くメンバーの仕事術や仕事に対するマインドをお伝えする「Wantedlyの仕事術」

第6回は、日本だけでなく東南アジアやヨーロッパで活躍する、Lisaです。

f:id:wantedly-dojo:20160921113553j:plain

Lisaはドイツ出身で、Wantedlyにジョインする前も、日本の企業で働いていた経験があります。 多様な文化や仕事観を見てきたLisaが話す、仕事術とは。

仕事をしている時間をテストを受けている時間だと思うこと

-日本とドイツで働く時間の考え方について違いはありますか

ドイツ人は働く時間は有限だと考えているのに対し、日本人は働く時間が無限にあると思い込んでしまっていることが大きな違いの1つだと思います。一概には言えませんが、ドイツ人は大体朝の8時から夕方の5時くらいまで働いたら家に帰ります。働いている時間の総量はきっと日本人の方が多いと思いますが、成果の総量だとドイツ人の方が結果を残しています。

使える時間がたくさんあると思い、ついつい長い時間仕事をしてしまうことがそうした結果を生む原因の一つではないでしょうか。仕事の時間を厳しく設定して、何時までに絶対に終わらすという意識を持つ。例えるなら、テストを受けている状態を維持するということです。

-自分が決めた時間で仕事をこなすためにはどうしたらいいのでしょうか

いろんなことを同時にやろうとしないこと。一つの仕事に集中して、確実に終わらせていく方が、結果的に全体の仕事を早く終わらせることができます。例えばAの仕事をやりつつ、Bの仕事も気になるから進めて、その間にメッセージの返信も...というように仕事を進めると、時間だけがダラダラと過ぎてしまいかねません。1時間はAの仕事に集中して、他のことはやらないと決めて取り掛かることが大切。

1時間で1つの仕事を終わらせきるために、自分のタスクを細かく分解することも重要です。自分の持つ仕事を何段階かのステップに分けること。そうすると、仕事をこなしたという達成感も生まれるし、仕事全体の進み具合を視認することができます。

もちろん、どうしても決めた時間で、仕事を終えることができない時もあります。その時は、次に同じような仕事をする時は10分でも早く終わらせると心がけ、そのためにどうしたらいいかを考える。ちょっとした意識の違いだけで、時間を有効に使うことができるだけでなく、仕事の生産性も上がります。

リモートワークのコミュニケーションでは、報告だけでなく、雑談も大事にする

-Lisaさんは立場上海外からリモートで働く機会も多かったと思います。物理的、時間的に離れた人とのコミュニケーションで気をつけていたことは何ですか

時差の問題が一番大きいため、連絡を取る時間を決めておくことです。一回一回のコミュニケーションの時間が貴重なので、言いたいことは全部まとめて、簡潔かつ明瞭に伝えるようにしていました。ただ、決まった時間のコミュニケーションだけだと、話す相手は一緒にプロジェクトに関わるメンバーに限定されてしまいます。

そのため、定期的にプロジェクトに直接関わっていないWantedlyのメンバーへもメッセージを送っていました。すると、いろんな情報が入ってきて、自分の考えがリフレッシュされます。実際に、メンバーからもらった情報が、プロジェクトを進める上での新しいアイデアに結びつくこともありました。

-ドイツではリモートワークが流行っていると伺いましたが、それはなぜでしょうか

2つ理由があって、1つ目は、スタートアップの企業はオフィスを借りるお金がもったいないから。多くのメンバーがコワーキングスペースやカフェ、自宅で仕事をしています。会うのは週に1回程度ですね。スタートアップ企業にはITを主軸としたものが多いので、多くのエンジニアやデザイナーはリモートワークで働いています。また、他の国に住んでいる優秀なメンバーと一緒に仕事がしたいからリモートワークで仕事をしているという場合もあります。

2つ目は、自分の好きな時間で働きたい人が多いから。朝早起きして仕事をしたほうが捗る人もいれば、夕方から夜遅くに仕事をするほうが仕事がしやすい人もいる。ドイツ人は自分の生活の時間を非常に大切にするので、リモートワークのほうがむしろ好まれる傾向にあります。

f:id:wantedly-dojo:20160921113547j:plain

何かを変えたいと思ったら1cmづつでもいいから動いてみる

-仕事を楽しいと思いながら行うためにはどうしたらいいと思いますか

私は仕事を楽しむコツは2つあると思います。1つ目は、嫌いな仕事の中にも自分が好きなことを見つけること。例えば、私はメッセージのやり取りよりも、対面で直接話す方が好きなタイプです。大量のメッセージに返事をすることがあまり好きではありません。なので、メッセージを返信するときは、もし相手が直接目の前にいたらどういう風に伝えるかを考えます。そうやって、嫌いなことを好きなことに置き換えて考えてみる。好きなことは得意なことでもあるので、自然と自分の能力も上がって、さらに仕事が楽しくなる好循環が起こります。

2つ目は、自分が仕事を楽しめていない理由を考えて、どうすればいいか対策を立てることなんとなく仕事が嫌だと思っていたら、何も変わりません。働く仲間が苦手なのか、自分のやっていることに意義を感じないのか、仕事の将来が不安なのか。まず、原因に対してアクションを起こして、今置かれている状況を好転させる。それでも変えることができなかったら、新しい場所に飛び込んだり、自分が前からやりたいと思ってることにチャレンジしてみるといいと思います。

新しいことを始めると言っても、いきなり転職までする必要はなくて、空いた時間に自分で勉強してみたり、自分の興味に関係するコミュニティに顔を出してみたり、できることは色々あると思います。何かを変えたいと思ったらまず動いてみること。隙間時間で始めたことがもしかしたら仕事につながるかもしれないし、自分のキャリアを変えるかもしれない。それに、まだ仕事に結び付いていないなら、いくら失敗しても誰かに迷惑をかけることはありません。

ドイツ人は自分が幸せならそれでいいと考える人が多く、自分のキャリアに対して柔軟に考える傾向があります。仕事で付き合う人との関係もいい意味でドライです。だから、40歳になっていきなり今までやったことないキャリアに進む人も。周りの目が気になったり、現場から抜け出すことが怖い気持ちはとてもわかりますが、まずは、1cmでもいいので動いてみることが大切だと思います。

-どうしても自分から動くことが難しい場合はどうしたらいいのでしょうか

何でもやります、何でもできます、という態度をとって動かざるをえなくすることかな。私自身、自分は何でもできると信じて、任された仕事に向き合ってきました。そういう態度をとっていると、できそうにないことや、初めてやることも仕事として降ってきます。大きい失敗をすることもあったけど、それはそれでいい経験とポジティブに捉えるようにしていました。今の場所から動くことが怖い人は、「なんでもできる、もっとできる」と自分を信じてあげてください。

f:id:wantedly-dojo:20160921113550j:plain

まとめ

  • 時間は有限。テスト受けるように、決めた時間でいかに効率よく仕事をするかを考える

  • リモートワークでは、プロジェクトに関わらないメンバーとも定期的に連絡を取って、情報を集める

  • 何かを変えたいと思ったら、小さくてもいいから動いてみること。そして、それを怖がらない

自分の周りの環境を変えることで、仕事や人生をもっと楽しく変えることができると話してくれたLisa。自分の周りの人の幸せを考えることも大事だけど、自分自身をないがしろにしてはいけないというコメントがとても印象的でした。

Lisaのようにリモートワークをしている方にオススメのSync
法人向けプランも開始したので、ぜひ試してみてください。